インターネットで出来ること パソコンあるある 悩みを軽減しましょう 番外編

暗号通貨=仮想通貨とは?(修理人による解説)

投稿日:2018年1月29日 更新日:


暗号化通貨=仮想通貨って何?

今や、パソコンで株の売買やFXなどの資産運用や資産管理をしていらっしゃる方は非常に多くなっております。
パソコンの修理やデータ復旧、パソコンの操作説明やウイルス感染駆除削除などを生業にしていると「どうして? 仮想通貨で儲けられたり損したりするのか?」という質問がとても増えてまいりました。

まだまだ多くの方々が「仮想通貨がどんな物なのか? よく分からない。」と仰るので、わざわざ本を読まなくてももう少し分かりやすく、一発で理解できて腑に落ちる説明方法を考えていたところ、先週末に思いついたので、これからはこのように説明いたします。という投稿なので、参考にしていただいても一向に構いませんw

#Bitcoin をはじめとする仮想通貨とは?

単純に理解するために、その仕組みや防犯対策よりも、まずはもっと大きく仮想通貨を捉えるために概要を説明します。

仮想通貨とは当たり外れが未確定な状態で転売可能な宝くじ。

と考えれば解かりやすい。と思いました。

その理由は以下の通りです。

  1. 世界中の人達が買おうと思えば誰でも買える。(注:一部の国によっては規制があります)
  2. 買った時の金額は確定していても、売る時の金額が未確定。
  3. 損をする時もあれば、得する時もある。

仮想通貨の価格増減の要素は?

仮想通貨には生み出すものが無く、仮想通貨には実態がありませんが、仮想通貨は実体経済を保証している各国の通貨と交換可能です。そうしたことから、仮想通貨=「資産経済」そのものとみなすことができます。効果としては、仮想通貨の移動によって利益や損失が生まれます。

ある物について、必要な人が増えれば付加価値は上がり、必用で無くなれば付加価値は下がります。例えば、2017年から引き続き高騰している「葉物野菜」は今とても高いです。それは、生産量が減ったことで、今まで普通に使っていた消費量を維持しようとすると「葉物野菜」の数が少なくなったから高くなったのです。私の大好きな「鰻」の価格も高い理由は同じです。

仮想通貨には実態が無いので、証券会社の元役員だった人でさえ「何を担保に?」と仰るのでココが理解しにくい方が多いのかもしれない。と思いますが、今の日本のように、自由競争を基本とした資本主義経済社会の中では、実態があろうが無かろうが、必要な人が増えれば付加価値は上がり、必用で無くなれば付加価値は下がります。為替=各国間の通貨交換価値が日々変動するのもこのためです。そしてその変動は、基本となる実体経済と密接にリンクしていて、実態をも大きく動かします。

*注:実は仮想通貨に担保は有りませんw
価値が下がっても、取引所が持ち逃げしても返ってくる保証はありません。でも、夢と希望と期待と欲望を捨てられない人間模様が繰り広げられていますw

*2018年1月15日に、たまたま パソコンのデータ復旧 にお越しくださった元証券会社の方と仮想通貨についてお話をしました。奥様も前々から当店をご利用して下さっており、修理人の性格や考え方、感じ方についてはよくご存知の方なのですが、その方が「証券業界のOBの間では仮想通過は”取り付け騒ぎ“ならぬ”取り付け詐欺“が起こると皆考えているよ」と仰っていたのですが(1/30の今日履歴を調べました)、その11日後の1/26に下記の事件が発覚しました。

世界の果てまでイッテQ!でお馴染みの出川さんがCMに出ていたCoincheckは、「合理的に考えて」NEM盗難事件以前より詐欺商法を繰り返していました。

コインチェック社「持ってないコインを消費者に売る」商法と顛末

仮想通貨高騰の根拠

人間が持つ、将来に向けた期待と欲によって、仮想通貨を必要だと考える人が増える。これが、価格高騰の根拠です。

そして、人間は「将来に向けた期待と欲無しには生きてゆけない能天気な生き物」ですから、次に書くリスクが何度起こっても必ず価格は上がります。人間は死ぬまで期待と欲をどうしても取り除けないので、どんなに価格が下がっても、否、下がれば下がるほど価格が上がる要素が増えます。

取り付け騒ぎというリスク

これも、リスクというよりは当たり前の事ですが、自分の期待と欲を取り除けない人間だからこそ、不安になると手を引こうとします。それが「取り付け騒ぎ」です。しかし、取り付け騒ぎの後は必ず価格が下がりますから、仮想通貨高騰の要素が高まります。

仮想通貨は天秤と同じ原理です

実体経済(や他の資産経済)で稼いだお金を、仮想通貨に交換して持つ人が増えるということは、仮想通貨を買ったご自身の中では常に【お金と仮想通貨を左右の天秤に乗せた状態】になります。このとき、世界中を巻き込みながら仮想通貨の価格が上がったり下がったりすると、ご自身の中にある天秤も連動して動く状態になります。

仮想通貨を持つべきかどうか?

仮想通貨の相場変動は世界中の取引所によってレートが多少違います。例えば、何の保障も無い相場情報配信サイトが、仮想通貨相場の算出方法を変更しただけでレートの見え方が変わってきますが、それに釣られて価格が下がってしまった。と見る向きもあります。

ビットコイン情報サイト、価格算出の対象から韓国の取引所を除外

仮想通貨の高騰によって「自分も安いうちに買えば将来儲けられるかも?」と考える人は多いと思いますが、それを手にすることで堅実に暮らしてゆくための実際の生活や仕事、家族が失われてしまうようでは困りますし、「自分も安いうちに買えば将来儲けられるかも?」と考える人の足元を見てコインチェックは詐欺行為をおこなっていたのです。

ここまで読んで持ちたいと思った人は持つべきだし「自分でコントロールできない不安定な天秤を持ち続けるのは嫌だ!」と考える人は持ってはいけません。

それでも、この仮想通貨は人間の持つ期待と欲望が無くならない限り今後も増え続けるでしょう。

以上が、修理人の理解であり、聞かれたときはお客様にこのように説明いたします。

ちなみに、仮想通貨の有料セミナーには全く行く必要がありませんので念のためw そうでなくても、コントロールできない情報に振り回されるのが仮想通貨ですから、わざわざお金を払ってまで他人の扇動情報に振り回されるのは、かなりおっちょこちょいな人しか引っかからないと思いますがw

追記:日本では、どうして「仮想通貨がよく分からない」と言う人が多いのか

日本で「仮想通貨がよく分からない」と言う人が多い理由の1つは、日本銀行調査統計局の資料によると、家計の金融資産構成の中で、株や投資で資産を持っている割合が16%前後しかいないから。という事が考えられます。全体の16%ですから、一般家庭のほとんどの世帯では【資産経済】を実感している人が少ないんだと思います。
全然悪いことじゃありませんし遅れているわけでもありません。
日本人の堅実な生き方の表れだと思います。

-インターネットで出来ること, パソコンあるある, 悩みを軽減しましょう, 番外編

執筆者:

関連記事

no image

分解 修理 番外編 ハイエース 4型 フルLED 自分でバルブ交換してみた

今日はお店はお休みです。 お客様に喜んで頂ける仕事をするために絶対に必要なのが、普段からやりたい事をストレス無くこなす為の努力だと考えています。なので、趣味も遊びもスポーツも全力で当たる修理人です。 …

東京都若者総合相談 「若ナビα」になりました!

パソコン対面修理・データ復旧とも関連がありますが、近年パソコンを使った犯罪や詐欺行為が増えています。 当店は、東京都青少年・治安対策本部 と連携して、一般市民の皆様がお持ちの様々な悩みや疑問、困りごと …

Cドライブの残量が少ないという事は?

パソコンあるある=都合のいい勘違いは危険です! WindowsでもMacでも同じですが、Cドライブ(Macintosh HDなどシステムがインストールされているドライブ)の空き容量が少なくなっていて警 …

ネットで詐欺に引っかかったかな? と思ったらどうするか?

ネットを見ていると、架空請求詐欺や脅迫があふれています。 中には「間違って表示されている場合は解約のために連絡して下さい。連絡しないと請求書が送られ、支払わない場合裁判所から連絡がゆきます」なんていう …

高齢者がなぜ?結果的に高額になるパソコン購入&サポート契約に引っかかるのか?

今朝も、PC DEPOTでパソコンを三年分割払い購入した高齢の方が、モバイルwifiも抱き合わせ契約していて1年半使ってみたが「インターネット回線が遅いから辞めたい」と言ったら「もの凄い金額の違約金が …

営業日