より大きな地図で 三晃堂 SKD NETWORK を表示
| 1 |

2014-06-28

毎日雨の八王子です

今年の夏はエルニーニョも去って暑くなる予想。

それにしてもこの梅雨は雨ばかりで困ります。
梅雨にパソコンを使うときに注意することは、ズバリ!ホコリと湿度です。

パソコン内部や空冷ファンにたまったホコリのまわりには、日中暑い時間帯に水分を多く含んだ空気があります。梅雨は朝晩が涼しくて過ごしやすいのですが、この空気が冷えると水滴となってホコリに付着します。また、キッチンやリビングでノートパソコンなどを使っていると、空中に油分も浮遊していますので、それもホコリに付着します。

パソコンの電源を入れると、空気中のホコリをまた吸い込んで内部を冷やそうとするので、水分や油分はホコリがどんどん重なる状態で増え続けます。

そして、来月あたり暑い夏がやってくると、パソコンがCPUやGPU、メモリーやHDD/SSDをいくら冷やそうとしても「ホコリ」が邪魔して冷やせません。

そうして、あるとき突然悲劇が起こるのです・・・
大きな異音の発生、パソコン使用中に突然電源が切れる、液晶画面がちらつくなどなど、熱による不具合は様々です。

そういった事態になっても出来る限り困らないよう、せめてデータだけはバックアップしておいて下さい。

当店は、論理障害や物理障害のある媒体からのデータ復旧を、下請けや外注に一切出すことなく当店内だけで行っていますが、それよりも、お早目の分解清掃をお勧めいたします。
masterさんの投稿 - 13:16:37 -

2013-11-14

パソコンの画面が映らない時にする事

修理人の店がある八王子市は、朝の気温がすでに氷点下です。

この時期、起こりやすいパソコン不具合の代表例は「電源は入るのに画面に何も映らない」というものです。

デスクトップでもラップトップ(ノート)でも発生頻度に差はありません。(当社実績比)

電源を入れると「ピッピッ」とか「ピー、ピー、ピー」と、ビープ音がするモデルもあります。

20131114-viomem.jpg

これは、今朝治したSONY VAIO VPCSB38FJですが、中にホコリがたまっていて、日中は暖かく夜間寒くなってしまう部屋で使っていたため、朝一番で電源を入れると画面が映らないという現象でした。

写真のメモリーの端子周りに付いていたホコリに、低温の室内で飽和水蒸気量を超えた水分が結露して接触不良を起こしておりました。

修理は単純で、メモリーを外して端子とソケットを掃除します。
60℃位に調整したドライヤーで結露を取り除きメモリーを付け直します。

梅雨の時期や木枯らしが吹く時期に多い不具合です。
他にも、強制終了によるBIOSの誤動作などもありますので
全ての原因が、この限りではありません。

パソコン修理、できることはご自分で!
出来ないことや不安があることは当店へ!ご連絡くださいませ。

今後ともよろしくおねがいいたします。
masterさんの投稿 - 09:58:03 -

2012-06-20

パソコン使う部屋の温度

こんにちわ。

今日は、八王子市内の最高気温34度になったところも
あるらしく、これからますます暑くなる夏なのに・・・
と、心配になってしまいます。

ところで、ノートパソコンもデスクトップも
いったいどれくらいの温度まで耐えられるのか?
あくまで、室内温度のことですが

ズバリ!30度までです。

環境温度がこれ以上になると、すぐに壊れはしませんが
動きが遅くなります。

とくに、1年以上メンテナンスせずに
使い続けているノートパソコンは危険です。

内蔵されているCPUは仕事をするほど。とても熱を持つのですが、ほとんどのパソコンが空冷なので、クーラーファンに埃がついたまま使い続けると、CPUの温度が上がりすぎ保護回路が働いて、勝手に電源が切れてしまいます。

できれば、そうなる前にメンテナンスしたいですね!

本日もパソコン対面修理ご予約受付中です。
よろしくおねがいいたします。
masterさんの投稿 - 15:00:27 -

2012-06-07

パソコンが「うなる」ファンの音がうるさいとどうなるか?

おはようございます。

同じパソコンを、同じ場所で1年以上使っていると
内蔵されている「扇風機」みたいな冷却ファンが
うなるように回ってうるさくなる時があります。

その症状がでるのとほぼ同時に「動作が遅くなった」とか
パソコンが途中で勝手に切れてしまった。なんてことは無いでしょうか?

パソコンの中には、とても熱を持つ半導体が使われています。

人間と一緒で、たくさん仕事をすると熱を持ちます。
消費するのは、糖分や脂肪ではなく、電気です。

超伝導素材なんて名前を聞いたことがあるかもしれませんが
半導体(目立つものはCPUやGPUなどなど)は、簡単にいうと
電気を一定の方向に(伝)つたえ(導)みちびいています。
たくさん運ぶと熱を持ちますが、放って置くと動かなくなり
壊れてしまいます。

超伝導は、一定の温度環境の中で、たくさんの電気を運ぶ時に
途中で落としてしまったり、無くしてしまう事が無く
限りなく100%運べる素材です。

じつは、途中で落としたり失ってしまうものが「熱」です。

パソコンが高熱になると、伝えるべきものが熱によって奪われ
伝わりにくくなって動かなくなってしまいます。

そうならないために、冷却ファンで冷やしていますが
パソコンを使っている部屋の環境には、衣類やカーテン
油分など、多くのゴミが舞っていて、冷却機器に目詰まりして
ファンをいくらまわしても冷やせなくなります。

でもこれは、普段から分かっていれば掃除したり
分解してメンテナンスすることで、回避できます。
パソコンが熱を持ったり、ファンの音がうるさくなったら
お掃除の時期です。

パソコン対面修理では、ノートパソコンでもデスクトップでも
お客様の目の前で分解して即日メンテナンス修理しております。

本日もよろしくおねがいいたします。
masterさんの投稿 - 10:14:38 -
| 1 |