より大きな地図で 三晃堂 SKD NETWORK を表示
| 1 |

2005-04-19

NEC LL700お持ち込みのお客様へ

昨日はご来店ありがとうございました。

譲ってもらったパソコンということでしたが、DVD-R/CD-RWは起動も問題なく、増設したHDDも40GB認識していましたので、あとはOSを買っていただき入れてみてください。

もしおっしゃられていたように「ワープロ機として使いたい」「あまりお金をかけたくない」ということでしたら、LinuxOSを入れてみるのも手かもしれません。

LinuxOSは雑誌の付録CDやDVDなどに入っていますし、もちろん三晃堂(本屋の方)にもおいてあります。

試してみたくなったらお気軽にご来店ください。

雑誌も高いですから、買う前に私が持っている旧リビジョンのLinuxOSを入れてみて下さい。動きそうならば気に入ったディストリビューションのLinuxを入れれば無駄がないと思います。

ちなみに私が現在デスクトップとして、主に使っているものはSuSE LINUXですが、VineやTurboもありますよ!
vientoさんの投稿 - 01:04:37 -

2005-03-28

Mac OSXはUNIXベース

Mac OSXでtelnetやssl接続したい場合は、付属ののターミナルを使えばほとんど困ることがありません。

Windowsで上記のような接続を行う場合、無料のクライアントソフトがあるのですが、OSXにははじめから付いています。

Macにはアパッチも付いているし、PHPやPostgreSQLも比較的簡単に導入できるので、一台で簡単なサーバ環境を構築することができ、なおかつ起動システムドライブ自身をミラーリングレイドかけられるので、とても便利です。

私にはサーバ環境やPCの機能運用について、相談できる恩師のような方がいます。ビジネスパートナーでもあり先生のような方です。

インターネットの中で検索や投稿をすると、答えや求めていることが分かる場合がありますが、それだけではインターネットに対する一般意思の変化や、次に必要なものはなかなか見えづらいです。

他者との共存を前提に信頼関係で動いている社会なのですから、そこで強力な権力や武力を持った場合の運用方法についても、他者との共存を前提に信頼関係を築いてほしいと願ってやみません。
vientoさんの投稿 - 00:08:59 -

2005-01-23

インターフェイスから考える

インターフェイスとは本に書いてある文字にています。
日本語や英語、スペイン語、中国語・・・と様々な言葉がありますが、これが規格にあたります。言葉と同じでどの規格(言葉)が広く使われているか、シェアを持っているかによって、規格が淘汰されていってしまいますが、それでも様々な規格(言葉)で文字は書かれ続けます。

要は、そこに書かれていることの意味を伝える手段がインターフェイスです。

文字を載せている「もの」が媒体(メディア)です。CD-RやDVD,HDDです。これは本そのものです。

そして本屋にはメディアがたくさんおいてあり、老若男女問わず出入りできる場所ですからネットワークです。

私たちは普段(昔から)からネットワークに足を踏み入れているわけです。

コンピューターの基本原理とは、まさに人間の思考回路を単純化させた原理であり、そのネットワークは私たちの普段の生活と密接に関係を持っています。

そう考えれば、コンピューターの大枠はつかめる?かもしれません。
説明がわかりにくいかも?しれませんが・・・


vientoさんの投稿 - 01:51:39 -

LINUXのデスクトップ環境について

これまでにPC UNIXのいくつかのデベロッパーヴァージョンの、デスクトップ環境での使い勝手について、ノートパソコンを主体に検証して参りました。

Turbo Linux 10,Vine Linux 3.2,Suse Linux 9.2などです。

比較的古い(生産終了後3年以上経過)パソコンでは、の使い勝手やインストール時のボリュームを総合的に判断すると、Vine Linuxの安定性に軍配が上がります。

また、Windousからの乗り換えしやすさでいうと、Turbo Linuxがおすすめでしょう。

新型(発売中から生産終了1年以内)のパソコンでは、Suse Linuxが面白いと思います。

いずれもインストール自体は簡単ですが、グラフィック出力やネットワーク環境への対応、OSの虚弱性を修正したアップデートへの対応については、マシンに搭載されている各ベンダーの事前調査が必要な場合があります。

そうは言ってもOS自身が無償であり、デベロッパーである程度必要なパッケージをまとめてある有償版(高くても2万円程度)でも安価なので、試すのは比較的リスクが少ないと考えます。

メリットとしては、パソコン自体がどうして動いているのか?を必要に迫られ知ってしまう(調べてしまう)ということや、セキュリティーへの関心度合いの向上が見込まれます。

今後も多くの方が、パソコンを有効に使ってゆくことと思われますが、ぜひ機会がありましたら、UNIXの中でも比較的理解しやすいLINUXについて、まずはデスクトップ環境でチャレンジしてみることをおすすめいたします。

代行インストールもさせていただいておりますので、Windows98meなどが標準搭載のPCが遊んでいるようでしたら、ぜひご相談ください。

ちなみにマックOSXはUNIXです。
OSXはUNIXのシェル上で動くアプリケーションのようにグラフィカルなインターフェイスを提供してくれていますが、MicrosoftのDOSコマンドライン操作のように、ターミナルというモードから、シェルを通してUNIXと対話できます。
vientoさんの投稿 - 01:27:40 -
| 1 |