八王子市のパソコン修理屋-事例-料金-掲載サイト
お休みのお知らせ
当店は八王子にある、完全予約制のパソコン修理屋です。
ご来店前に必ずご予約のお電話を下さい。
定休日=日曜祝祭日

営業日は下記サイトにてご確認ください

パソコン・データ復旧店カレンダー

土曜日は毎週混みますので、パソコン対面修理ご希望の方は、お手数ですが前日までに電話予約いただけると幸いです。

臨時の休みの日は前日までに上記のHPで告知いたします。

よろしくお願いいたします。
パソコン修理実績検索
google検索
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが パソコン修理経過報告 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
Facebook
投稿者: master 投稿日時: 2008-12-16 14:41:06 (1059 ヒット)

今朝ほどはお電話にて失礼いたしました。

本日辛い事と喜ばしい事と2つありました。
最初にお電話に出られた富士通サポートセンターの方と
二人目の方の判断はとても正しいと感じました。

そして、三番目に出られた令官様の対応に
心から感謝いたします。

昨晩、購入から一ヶ月しか経っていないFMVFB70T
FMV-DESKPOWER F/B70Tの、内蔵HDDが壊れていることを
確認いたしました。

部品は:シーゲート製 バラクーダ 7200.11 500GBです。

はずれHDDとしては、故障状態もひどいです。
初期セクター(換算約400MBまではOK)より内側が
リードできません。データ復旧はあきらめました。

最新の廉価版HDDを使う事で、コストを押さえ
このパソコン不況下にがんばっていらっしゃる
富士通様の生産方針や、電気業界の大きな流れは充分理解しているつもりです。

市場も低価格品を望んでいるわけですから
イニシャルコストのかからないパソコンを生産するのは正しいと思います。

しかし、それにともない、必ず機器の信頼性は低下し
市場末端での不具合発生率が上がる事は、私以上にご存知のはずです。

本日は無理を言いましたが、出来る事ならば
コンシューマー製品に関わらず、ユーザーサポートのレスポンスに
もっともっと力を入れるべきです。

パソコン普及期のころ、日本で、否、世界でただ一社
IBMに真正面からけんかを売った富士通さんです。

IBMはコンシューマーを切りました。

修理人は、日本企業の良い意味でも悪い意味でも
製品に必ず反映される「思想」を信じます。

今までにもお世話になっておりますが

お客様が「日本のパソコンはどこがいい?」
と聞かれた場合、修理人は「富士通です」と即答しています。

富士通さんと特別なお取り引きや、代理店販売店などの業務を
これからも、修理人がおこなう事は一切ありません。

今回の御社のご対応から確信いたしました通り
特別な関係などなくても、正しい思想は正しい関係をもたらします。

今後の御社の発展と、お務めになっていらっしゃる皆様の
心身共に健やかであることを、心からお祈りいたします。

本日は、本当にありがとうございました。


投稿者: master 投稿日時: 2005-12-10 19:46:17 (1300 ヒット)

ご担当Oさま

いつもお世話になっております。

本日は、師走の忙しい中
修理人のわがままを快く引き受けてくださり
本当にありがとうございました。

当店がお勧めしてAppleをご購入いただいたお客様でしたので
どうしてもがっかりして欲しくはなかったのです。

Apple Careの登録や、引取修理集荷手配など
お電話では見えない、たくさんの事務処理をこなす必要が
あったであろうことを察しますと、まことに恐縮至極でございます。

修理人も修理を含め、ウェブコンテンツ制作のメインマシンとしては
アップル様の機器を利用させていただいております。

修理人にとって、今回のようなトラブルは、充分想定できることでしたので
今後とも、当店にアップル製品購入のご相談に来れれる方には
Apple Careを同時購入していただくように申し伝えます。

今後も、ご面倒なお願いをするかとは思いますが
対面修理とは、パソコンユーザー様の立場に立って
メーカーサイドが動きやすく、サポートしやすい環境を
構築するためのネゴシエイション的な動きを伴います。

メーカー様としてではなく、メーカーにおられる
一人のパソコンユーザー様として、メーカーを動かすための
アドバイスとサポートを、今後ともよろしくお願いいたします。

本日は長い時間、社内のドキュメント調整にお時間を割いていただき
本当にありがとうございました。

今後ともアップル様のご発展をお祈りいたします。

いろいろなお客様もおられることと察しますが
修理人は、本日の「コールセンター」様の動きを見て
必要環境と費用についてご理解いただけるお客様には
とても安心して「apple」コンピューターをお勧めできます。

O様を支持します。
応援していますよ!


投稿者: master 投稿日時: 2005-9-16 22:22:01 (1178 ヒット)

誤った指示や、間違った解答を導いてしまうことは
人間誰にでもあり、私はこれを読んでいるかたがたよりも、もっともっと多くの間違いをしてきたことは事実です。

メーカーの電話サポート実務担当者の個人を責めるなどという、ばかばかしいことはしたくありません。店舗を構えて自営業をしていれば、電話対応の難しさは毎日感じております。

ただ、これを読んでくださった「パソコン故障/修理電話サポート」の方々には、是非お願いしたいことがございます。

「パソコンが動かない、壊れた」という訴えを受け取った場合、お客様が何を求めているか?ということについて、ご自分で判断してしまう前に「3秒間」でいいですからご自分のパソコンの大切なデータのことを心配して下さい。

お客様の中には
「大切なデータなどないから、治す方法を教えて欲しい」という場合と
「パソコンは買い換えるからデータが欲しい」という場合と
「パソコンもデータもなるべくお金をかけずに元通りにしたい」という場合があると思います。

メーカーさんでは技術的には出来ても、料金的にもリスクの高さを考慮するとデータには手が出せないことは充分承知のはずです。

にもかかわらず、お客様にとって「データ」はかけがえのないものなのです。

当店を紹介してほしいとは思いません。
そんなにたくさん対面対応できません。

せめて、データに関して未練がある方には、リカバリー方法を教えるよりも
一言「メーカーでも電気屋でもパソコンショップでもないパソコン修理屋」がインターネットを探せば見つかることぐらい教えてあげて下さい。

要は、その壊れたパソコンのデータに関するイニシアティブは、お客様にあるということを忘れないで下さい。

操作方法やバックアップの方法が分からないお客さまに、リカバリーの方法を一番最初に教えるのは、やっつけ仕事です。ひどいです。「それしかない」という判断は、壊れてしまったパソコンを見ても聴いてもいない状態で、電話出せる判断ではないです。

データはその人が生み出した時から、かけがえのない時間の蓄積となって記憶されるものです。大切なんです。

お願いします。


メインメニュー